注文住宅はやり方次第では、決して夢じゃない。

注文住宅で家を建ててよかった点は、やはりオリジナリティのある家になったことです。
建売住宅だと、タオル掛けひとつとっても細かなことに自分の気に入ったものを取り入れられないのですが、注文住宅では、キッチンをどれにするかなど、自分がかねてから憧れていたメーカーのものが入れられるので、とても良かったです。
後悔した点はやはりこだわりすぎることで予算オーバーしたことです。

オリジナリティのある家にするためには、建築家の方と、自分たち家族が大事にしていることなど、価値観のようなものを話していくことが大切のように思えます。
家の細かな点の理解をしていただくためには、夫婦の考え方などいろんなことを建築家と話すことで、プランが自分たちの好みのものに出てくる可能性が高くなります。
予算オーバーを回避するためには、やはり自分たちがどうしても大事にしたいことは何かの優先順位をつけ、削れることを思い切って削っていくことが大事です。

注文住宅はかなりハードルが高いものだと思っていましたが、自分たちサイズで行えば、決して建売住宅よりも充実したものになると思います。
自分たちが気に入って住む家にするためには、妥協せず、夫婦でしっかり話し合い、建築家とともに作り上げていけるといいですね。
そのプロセスも一生に一回の楽しい作業です。